給湯器の選び方

給湯器の選び方

一口に「給湯器」と言っても、たくさんの種類・機能・特長があり、どれを選んでいいのかわかりにくいもの。こちらでは給湯器の選び方のポイントをまとめましたのでご覧ください。

号数の違い

ガス給湯器には号数というものがあります。出湯した際にお湯が出てくる量を示す単位です。16号、20号、24号の3タイプがら選びます。数字が大きいほど、お湯を大量に出すことができてパワフルです。下図は同時に使用した場合の湯量の目安です。

・上記グラフは目安です。配管条件「配管長さ・配管径・配管系路」、給水圧、給水温度により異なる場合があります。
・給湯器に近い蛇口ほど、お湯の量はたくさん出ます。
・お風呂場は給湯器に近いことが多いので、シャワーがたくさん出ます。
・冬場の水温の低いときにお湯の出が悪くなりがちです。
・今現在のお湯の出に不満がある場合は、1つ上の号数がオススメです。
・2カ所同時使用が多い場合は24号以上がオススメです。

フルオートとオートの違い

ガス給湯器には「フルオート」と「オート」があります。どこが違うのでしょうか?違いは2つ!!「自動足し湯機能」と「配管クリーン機能」、「フルオート」はお湯があふれても設定水位より約4センチ下がると、自動的にたし湯してくれます。また配管クリーン機能がついているので、追焚配管を洗浄してくれます。


2穴と1穴の違い

ガス給湯器には、設置フリータイプ(1穴、強制循環方式)浴槽隣接設置タイプ(2穴、自然循環方式)があります。
現在お使いの浴槽の追焚循環口の数でわかります。これは追い焚き方式の違いで、シャワー、台所等の給湯は関係ありません。
既存の機器が2穴式の場合は浴室隣接設置タイプ(2穴式)を、1穴式の場合は、設置フリータイプ(1穴式)をお選びください。

・商品の定価が安いのは2穴の浴槽隣接設置タイプです。
・浴槽隣接設置タイプは2階のお風呂や一部を除くユニットバスでは使えません。
・最近販売されているシステムバスでは浴室隣接設置タイプ(2穴式)の給湯器に対応した商品が少なくなってきており、
 リフォームの際には、給湯器を買い換えなければならない場合があります。
・浴室隣接設置タイプ(2穴式)は、湯アカが出がち。
 設置フリータイプ(1穴式)は配管内に汚れがつきにくいといったメリットもありオススメです。



リースプラン
商品一覧
お問い合わせはこちらから